ご近所さんからのおすそわけ part2

image

実は、お家引っ越しました。

移住してから2ヶ月間の仮住まい生活が終了し、ついにりっぱなお家へ移動しました。

もちろん唐桑です。

 

で、引っ越ししたてなので食料が全くない。

と、なげいていたところ、1本の電話が。

 

いつもお世話になっている、近所の農家さんから。

「味噌と梅干し、いるかな?」

 

ほとけさま。

 

さっそく、お言葉に甘えていただきにお家へ伺うと、

「玉ねぎと、きゅうりもあげっから。」

 

かみさま。

 

今の時期、きゅうりを栽培している、この農家さん。

売り物にならない、大きいきゅうりや、曲がったきゅうりが、1つのカゴにたんまり入っていました。

80本くらいあったかな。

これ、もううちで食べる分はとったから、あとはなげるのさ。

だから、好きなだけもってっていいから。

※なげる=捨てる。方言。

もったいない!!!!!

 

すべてが手作りの、お味噌、梅干し、玉ねぎ、きゅうりをありがたくいただきました。

大丈夫。ここにいる間は、餓死させないから。

By農家さん

 

本当に、本当に、ありがたい。

ここでの生活は、感謝でいっぱいです。