栃木県の自然農園へ行ってきました。

夏の田んぼ in栃木 -Rice fields of summer in Tochigi-

7月29日金曜日の17:30に気仙沼発、23:00に栃木県大田原着。

7月30日土曜日、農作業をお手伝い。

7月31日日曜日の4:00発、8:30気仙沼着。10:00からお仕事。

というハードスケジュールで行ってきました。

 

栃木県大田原市。

無農薬、化学肥料を一切使わないで、10haの畑と田んぼを管理している農家さんがいます。

オーナーはとってもかわいい笑顔の優しそうなお父さん。

 

朝は枝豆を収穫。

午後は田んぼの草抜き。

 

あまりお手伝いできなかったのだけど、とにかく景色がきれいで。

写真をたくさんのせちゃいますね。

image

朝にしか咲かない蓮の花。とっても美しかったです。

image

とてもりっぱな稲。いきいきしています。

無農薬だから、バッタもたくさんとまっていました。

農薬を使っているすぐ隣の田んぼには、バッタが1匹もいなんです。衝撃でした。

image

収穫したトウモロコシと枝豆。on 軽トラック。

そして、1番お気に入りの写真。

トウモロコシと蛙

蛙がかわいずぎる…

田んぼに生息する蛙が、近くの畑にあるトウモロコシに寄ってくるらしいです。

よく見たら、5,6匹の蛙が1本のトウモロコシに。

トウモロコシを食べる害虫を、蛙が食べてくれるので、トウモロコシはすくすく育っているそう。

自然と生き物と共存しながら、作物を作っている、”美しい日本の農園”でした。

 

私はとにかく、この農家さんのすごさを、ひしひしと感じました。

私のちっこい畑でさえ、水やり、虫との戦いに毎日必死なのに、この広さを無農薬で…

そもそも、「害虫対策はどうするんですか?」って聞いてみました。

何もしないよ。

好きなだけ食べさせてあげて、残った分を食べるの。

キャベツだって、中の方まで食われてないでしょ。

まさに、共存。

毎日アオムシとテントウムシダマシを駆除している自分が少し恥ずかしくなりました。

 

そうそう、こちらで育てた麦の麦茶はとーっても美味しいです。

ちゃんと麦の味がする。

お土産に買っちゃいました♡

 

弾丸栃木旅行。

一緒に行った気仙沼メンバーもとっても最高におもしろくて、

楽しい2日間でした。

my畑もがんばるぞー!